エイサーとは
エイサーとは
沖縄のお盆は旧暦で、エイサーとはもともと、現世に戻ってきた先祖の霊を送り出すために、三線の音に合わせながら、集落を練り歩きながら踊るものです。(練り歩くことを道ジュネーという。)男性は主に、太鼓を振り回しながら、たたきながら踊り、女性は華やかな手踊りを踊ります。今では、お盆以外にも、まつりやイベント、結婚式など祝祭典の場にかかせない、沖縄を代表する伝統芸能です。エイサー団体は、沖縄県内だけでも100団体以上あり、夏になると集落のあちこちでエイサーの練習をする若者の掛け声と、ドンドンと太鼓の音が鳴り響いてきます。

エイサー団体は青年会という各地域内で組織され、本島中部がエイサーのメッカです。個性ある服装、隊形、息のあった演舞、地謡(じかた)の唄と三線、威勢のいい囃子(はやし)と勇壮な太鼓のリズムは、各団体によって全て異なります。踊る曲は主に沖縄民謡ですが、同じ曲でも地域によって、歌い方、踊り方、掛け声のかけ方なども違い、全く別の曲に感じるものもあるほどです。

夏の風物詩であるエイサーは、県内外問わず人気があり、有名なエイサー団体には追っかけが張り付くこともあるほど人々を虜にする不思議なパワーを感じることができるでしょう。
基本情報
概要 本土でいう盆踊りに近い。先祖供養踊りの一種。
時期 旧暦のお盆の夜と主に夏のイベント。8月〜9月の間。
地域 沖縄県全域で踊られている。
沖縄本島中部、特に沖縄市が最も盛ん。
みどころ 締太鼓を振り回しながら勢いよく踊る「動」のエイサーと、パーランクーを使った手足の先まで統一させる「静」のエイサー。
男性の迫力をより一層引き立てる女性の手踊り。
主なイベント 青年ふるさとエイサーまつり(毎年7〜8月)
一万人のエイサー踊り隊(毎年7〜8月、那覇市国際通りにて開催)
全島エイサーまつり(旧暦お盆の約2週間後、沖縄市にて開催)
エイサーとは エイサーとは エイサーとは
滑稽役をつとめるチョンダラー 旧盆の道ジュネーの様子 女性の手踊り
主なアクセス方法
1)お車の場合
-
2)バスの場合
沖縄県沖縄市 (Sorry, this address cannot be resolved.)

コメント一覧

Hello!
sildenafil , tadalafil ,


Biotin and the about it for best deals on sildenafil citrate a flea mall parts of. cheap tadalafil didnt do anything really for me.

小学生の頃、踊ったことがあります。残念ながら私は地元民でもないし、たぶん創作ですが。懐かしいなと思い出すと同時に本家ものも知りたいと思ったのですが、踊り方の解説の載ったサイトとかご存知でしたら誰か教えてください。

エイサーは夏の風物詩なんですね。
ということは、冬は何してるんでしょうか。
祭りの季節になるとうずうずしそう!

1 2  3  4  5 All pages

コメントを投稿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://okipota.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/219

おきなわの歴史と伝統カテゴリ検索


    

沖縄の伝統芸能

沖縄の伝統工芸

沖縄の歴史