沖縄の歴史と伝統

袋中上人とエイサー

袋中上人とエイサー

沖縄の伝統芸能として有名なエイサー。古くの由来は念仏踊りだと解釈されていますが、その原型を沖縄に伝えたのは、袋中上人という仏教の僧侶です。土着信仰が根強い沖縄で、何故念仏踊りが広まったのか。その資料は京都にありました。袋中上人と第7代琉球国王尚寧王の不思議な関係、そして現代に伝わるエイサー。 毎年夏になると沖縄のあちこちで当たり前のように踊られるエイサーですが、当時の琉球の人々にとっては貴重な踊りだったのでしょう。エイサーの歴史を語るうえで、忘れてはならない貴重な人物の話です。

コメント (27) | トラックバック (0)

おきなわの歴史と伝統カテゴリ検索


    

沖縄の伝統芸能

沖縄の伝統工芸

沖縄の歴史