袋中上人とエイサー

文化系コラム

袋中上人とエイサー

沖縄の伝統芸能として有名なエイサー。古くの由来は念仏踊りだと解釈されていますが、そのエイサーの原型を沖縄に伝えたのが袋中上人(たいちゅうしょうにん:メイン写真左)という人物です。


浄土宗の僧侶であった袋中上人は、福島県岩城市で生まれ若い頃から多くの著書を残す教養の深い僧侶でした。自身の寺を開いた後も中国(明)への留学のため、九州平戸(長崎)へ向かいました。貿易船に乗って出国する予定でした。しかし、当時、豊臣秀吉の朝鮮出兵による日中間の国交を閉ざされ入国を許可されませんでした。アジアを転々とし渡明を試みたものの幾度も失敗し、最後にたどり着いたのが、明との親交の深かった琉球です。やっとのことで琉球にたどり着いたものの、当時の国際情勢は、上人の渡明を許可しませんでした。やむを得ず、上人は琉球にとどまることとなったのです。


1603年から約3年間の琉球滞在中に、上人は浄土宗の布教に熱心に努められたそうです。当時の琉球国王尚寧王(トップ写真真ん中)は、上人に深く帰依し、上人のために桂林寺(現那覇松山公園周辺)を建立しました。上人は、そこから毎日首里城まで歩いて、国王に会いに行っていたとされています。尚寧王のみでなく、さつまいもや砂糖精製技術の普及・和紙や漆器など工芸品や発展などに貢献し、琉球の恩人と呼ばれた儀間真常も、上人に深く帰依し指定関係を結んだと言われています。


自然崇拝が根強い琉球に、『誰でも特別な修行なしに、ただ念仏をひたすらに唱えることによって救われる』という教えを説き、従来の難解な仏教に比べて上人の教えは簡易に表現されたため、庶民にまで広がりました。また、上人が踊った故郷福島の『じゃんがら念仏踊り』が、琉球の人々によって、三線と琉球民謡のリズムに仏教の言葉がのせられました。これが、今あるエイサーのはじまりだとされています。


袋中上人が琉球を離れる際、尚寧王はさぞかし悲しみ、上人へ漆器などの貴重な琉球宝物30点あまりを贈りました。また、3年間の滞在を『琉球国由来記』という著書にまとめ、当時の琉球の様子が伺える歴史書として、国指定重要文化資料に指定されています。


上人帰国後、琉球は薩摩藩に侵攻され、尚寧王は捕らわれの身となりました。実は、この薩摩侵略時に反撃体制を主張する役人もいた中にもかかわらず、あっさりと城を明け渡してしまった尚寧王の背景には、袋中上人が布教した、血を流さずして国民を救う事を説く仏教の教えを守り貫いたという事実もあります。尚寧王は、江戸へ送られる途中、京都で袋中上人と再会しています。その時、尚寧王から直筆の袋中上人肖像画(トップ写真左)を寄贈されています。その袋中上人肖像画には、『(抜粋)私は法を護りて師を奉げるために、師の像を描きました。師が桂林寺をお創りになられて以来、我が師と仰いでおります。』と書かれているように、袋中上人と尚寧王の親交の深さが伺えます。


寄贈された宝物は、袋中上人が帰国後に京都で開いたお寺、壇王法林寺において発見され、現在は京都府博物館に大切に保管されています。また、袋中上人が琉球で開いた桂林寺は戦争で消失してしまったものの、跡地とされている那覇市松山公園には記念碑が建てられています。


毎年夏になると、沖縄各地で当たり前のように踊られるエイサーですが、当時の琉球の人々にとっては貴重な踊りだったのでしょう。現在まで発展を続けたエイサーを、極楽浄土にいる袋中上人はどのように見ていらっしゃるのでしょうか。


袋中上人とエイサー 袋中上人とエイサー 袋中上人とエイサー
壇王法林寺で祭られている袋中上人成人の頃の木像。 壇王法林寺では常時関連写真が展示されている。 那覇市松山公園内にある袋中上人行化碑

コメント一覧

銀座lv-D&G専売贅沢品★Apple偽物旗艦店

ブランドを予約購入します ROLEX腕時計 (D&G)財布 Apple携帯電話


当店の2012高級コピー時計貴族店 在庫は更新します:500件

新しく古い顧客の支持に感謝します。

ROLEX腕時計を予約購入します N品物 Apple携帯電話を贈呈します

詳しい情況:当店を連絡して下さい。

【販売店情報責任者】:青木 紗那

人気旗艦店■URL: http://www.lv-fake.com

エイサーは、なぜカタカナでひょうじなのか、根拠のある漢字があるかとおもいますが、どなたか教えてください。

あれからエイサーの事を調べておりましたら、エイサーの伴奏で使われる三線の曲に「滝落しすがち」と言う八橋流の筝曲が使われている事が分かりました。
八橋検校は京都名物の八つ橋の名の元(正確には筝の形)になった人物で、磐城(現在のいわき市)出身と言われている現在の筝曲の祖に当たる方です。
元々、八橋検校は三味線・胡弓の名人でした。沖縄の三線をルーツとする三味線が検校のリズムの基本。三線→三味線→当道筝曲・・・八橋の孫弟子を経て沖縄へ渡り琉球筝曲へとなりました。

八橋流は八橋検校のパトロン・磐城平藩三代目藩主、内藤風虎(当時は若殿)の弟・湯長屋藩(時代は違いますが、袋中上人の故郷・常磐西郷町やハワイアンセンターのある常磐藤原町も領地に入っています)初代藩主遠山政亮と真田家の婚姻を切っ掛けに松代藩真田家へ(詳しくは八橋検校十三の謎・釣谷真弓著)。
残る一つが沖縄の琉球筝曲へと八橋流は2系統しか残っていません。

沖縄から受け継いだ物がいわきの人物を経て、その流れが再び沖縄へ戻り、いまやエイサーにも使われている事に何か深い縁を感じています。

スポッツ

エイサーの原型が福島の『じゃんがら念仏踊り』
これには、びっくりしました。福島県いわき市には、現在も多くの方が
お盆にまたはイベントに『じゃんがら念仏踊り』を行なっております。

子どもだけのじゃんがら、女性チームじゃんがら・・・・
沖縄各地で踊られるエイサー同様、鐘と太鼓で踊っています。

1 2  3  4 All pages

コメントを投稿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL : http://okipota.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/393

免責事項
情報の収集、整理、確認には、可能な限り正確を期すよう努めておりますが、記載された情報の内容について、完全性や正確性などにおいていかなる保証もいたしませんので、ご了承の上ご利用ください。

沖縄料理レシピ

おきなわ魂カテゴリ検索


    

コラム

おきぽたBBS

おきなわQ&A